王様ホール

考えたことや感じたことや起こったことを書きます。

11月ってこんな忙しかったっけ。

11月、毎週何かしら予定が入っている。私にしては珍しい。
リア充パリピの方々の中には、予定がみっちり入っていないと不安だという人もいるようだが、あいにく私はそのタイプではない。何もないのが幸せで、むしろ何か一つでも予定が入っているとそれに気を取られて落ち着かなくなる。

そんな人間が、毎週、多い週は2つも3つも予定を入れられているのである。
「今週末は何をするんだっけ」「明日は何だっけ」「今週〇〇だ!……いや、〇〇は来週だった……」「あばばばばばば」とか、常に頭の片隅で考えてしまっている。脳のリソース食われまくりである。
あと、私は休日はできるだけ朝遅くまで寝ていたいので、休日午前中に予定が入っていると、それだけで嫌な気持ちになる。

11月の予定一覧(済んだやつも、これからあるやつも)

・子どもたちの小学校の学習発表会
・子どもたちのマラソン大会(休日朝なのに通常時間に登校だし、お迎え必須)
◎マラソン大会が日曜なので、翌日月曜が繰り替え休日
◎子どもたちの授業参観
◎子どもたちの個人面談(保護者が学校行って担任と話すやつ)
◎家族全員 新型コロナワクチン接種
・家族全員 季節性インフルエンザワクチン接種
・息子の空手の大会
・娘の英会話教室の検定試験
(◎なぜか子どもたち給食なしでお弁当を作る日)


プライベートな予定だけでこれだ。これらのうち◎印が平日の予定だ。基本的に私が有給を取得しないといけないやつだ。なんで参観と面談が同じ月にあるんだよ。もっとバラけてくれよ。

仕事関係も含めると、社内研修が2つ3つ入ってたり、お客様との打ち合わせが入ってたりで、「この日は休めない」という日がある。まあ、熱が出たりしたら休むんですけど、そうでない限りはなるべく休みたくない。
その予定とプライベートの予定を合わせてスケジュールを考えなければいけない。

そして、私をはじめとした日本全国のおかあさん会社員は、おそらく有給休暇がカッツカツである。毎年カッツカツである。私の有休、今年度はあと6日ぐらいしか残ってない。
有休は主に子どもたちが病気になった時に使うが、上記11月の予定にある「参観」「面談」、こういうやつでボリボリ減っていくのが地味に痛い。たまには自分のリフレッシュのために使いたいものだ。
夫は単身赴任中なので、平日の中日は頼れない。

だからもういろいろ考えるよね。

幸い、私の(だいぶホワイトになってきた)勤務先では、コロナワクチン接種日と副反応で体調崩して休んだ日は有休とは別カウントの特別休暇扱いになるのである。だから、コロナワクチン接種を授業参観の後にドーーン!
実は接種日が11/22なんだけど、翌23日(祝日)は私が出勤日で子どもたちが学校休みの予定だ。本来なら私が有休取って子どもたちと家にいる日なのだが、私がコロナワクチン副反応で休んだら特別休暇扱い!
つまり、有休が減らない!
※副反応が出なかったとしてもそこは……(ゴニョゴニョ)……

あと、子どもたちの季節性インフルエンザ予防接種は土曜日にやろうと思ってたんだけど、かかりつけの小児科では土曜日の予約が埋まっちゃってて、平日になってしまった。
じゃあ個人面談の日にそれぶつけたらいいじゃんドーーン!

 

ってな感じで、もう必死ですよ。有休減らしたくないんですよ。

全国のおかあさん会社員は、きっとみんな必死です。おとうさんも必死かもしれませんけど、現状、今の世の中では、一般的におかあさんの負担が大きいような気がするんです。これから良い方に変わっていくといいけどね。

これ以上予定外のことが起こって有休が減りませんように。こればっかりは祈るしかない。