王様ホール

考えたことや感じたことや起こったことを書きます。

探検隊は秘境の池を目指す

子どもの学校のPTA活動の一環として、校区内の危険個所に「きけん」の立て札を立てる仕事を仰せつかった。
危険個所とはすなわち池のことだ。我が町は稲作が盛んなので、町内のあちこちに溜め池がある。

1人2個所がノルマだ。PTAの同じ係の人たちと、なるべく自宅近くの池を担当できるように割り振りをしたが、私は地元出身ではないので、どの池もわからなかった。なので、地図を見て、家から近そうな2個所を選んだ。近いと言っても2kmくらいはありそうだったが、仕方ない。


先日、学校から「担当の池に立て札が立っているかどうか確認せよ」というミッションが来た。立て札が立っていなければ、後日立て札を立てに行く追加ミッションが発生する。
土日に夫と、池探しの旅に出た。とても暑かったので、車で行った。もし暑くなければ、子どもたちも連れて「オリエンテーリングしよう!」って言って歩いて行ったかもしれない。


1つ目の池はすぐに見つかった。立て札は無かった。
葦が生い茂る、濁った池だった。
ギンヤンマが飛んでいた。ギンヤンマといえば日本トンボ界のSSR(=なかなかのレア度)だ。ちなみに赤トンボはノーマル、オニヤンマはただのレアだと思う。私の体感。
ギンヤンマなんて見たの、子供の頃以来だ。思わず「ここにいたのか!」って言っちゃった。私も夫も、テンションが上がった。
夫が「今度息子連れてここに来たい、きっとギンヤンマ見たら喜ぶよ」と言い出した。が、すぐに我に返ったらしく、「自分でPTAの『きけん』の立て札立てといて、息子とトンボ取りなんかしたらダメだよな」と言っていた。
見るだけならいいんじゃないかな。

2つ目の池はわかりにくかった。近くまで行って、車を下りて歩いて行かなければ辿り着かなかった。一応、未舗装道路を走れば車でも行けるが、生い茂った草によって車に傷がつきそうだから、やめた。
立て札は一応存在していたが、地面から抜けて転がっていたので、立て直しに来なければいけない。木槌が必要だ。うちには木槌などないので、学校から借りられないか問い合わせることにした。農家とか工務店じゃない限り、一般家庭に立て札を打ち込む木槌なんかないよね。
借りられない場合は、私が会社からでっかい金鎚を借りてくるとしよう。


今日のブログは、以上だ!
※すまない先生風。
※すまない先生が何なのかわからない人は、わからなくても全然構いません。
※が、すまない先生のマイクラ茶番動画もいつもこのくらいオチが無い。
※私はすまない先生の動画、決して嫌いじゃないんですよ。ただ、あれ見てると心の普段使わない部分が変な刺激を受けて、なんとも言えない気持ちになるんです。
※息子がすまない先生のファンです。

 

尻切れトンボだな。ギンヤンマだけに。
※上手いこと言えてないのは自覚してる。すまない!


関西の人は話にいつもオチがあるんですってね。どうやるのそれ。凄いなあ。北国(広い意味で関東文化圏)出身の私には真似できないけど、訓練したら何とかなるものだろうか。
それより先に、関西の人の言う「知らんけど」を使えるようになりたいです。

白霧島とじゃがりこたらこバター味と???

しろ「ぼくたち、これから『ばんしゃく』します」
りこ「します」

??「ちょっと待て」
しろ「えっ?」

しろ「パパ!ママ!」

白霧島「ばんしゃくは20歳になってからだぞ。お前たちはまだこんなに小さいじゃないか」
じゃがりこたらこバター「そうよ、あなたたちはまだノンアルコールノンカロリーなんだから、ばんしゃくなんてまだ早いわよ。さあ、今日はもう寝なさい」
しろ「はやくおおきくなりたいなー」
りこ「ねー」

 

巨大じゃがりこの威圧感↓

コーヒーフレッシュかっていうサイズのじゃがりこ

 

おまけ↓

『リカこれから、かれんちゃんとパーティーするの♪』
※リカちゃんは小学5年生だそうです。
※お酒は20歳になってから。



「ポケモン不思議のダンジョンDX」のパルシェンのこと

ポケモン不思議のダンジョンDX」

ニンテンドーSwitchで2年前に出たソフト。昔のソフトのリメイクらしい。

2年前、娘がお年玉とおこづかいを貯めて買ったやつをやらせてもらったらドハマりして、しばらく集中してプレイしていた。
尚、当時の私は「不思議のダンジョン」;いわゆるローグライクゲームの経験者で愛好家だが、ポケモンのことは全然知らない状態だった。

関連記事↓

 

ソフトを立ち上げると、メニュー画面にアイコンみたいのが出る。イベントをクリアしていくとだんだん解放されて賑やかになる。いわゆる「実績解除」ってやつだ。全部で18個。

この度、久しぶりにプレイしてやっと全解放したので、記念に写真をupする。
※Switchで撮った写真をあれこれするのがめんどくさかったので、Switchの画面をスマホで撮った適当な写真である。

一番右下のやつが最後まで残ってた。これは「ランクを最高まで上げる」だ。実はこれ、コツコツと人助けイベントを繰り返して時間をかければ上がるやつだ。私はこれをサボってた。
メインストーリーはあっという間に全クリしたし、伝説の鳥さんたちも、グラードンカイオーガレックウザも、倒して仲間にした。
ジラーチにしょうもない願い事を叶えてもらったし、最強ポケモンと言われるミュウツーを仲間にしたし、難関ダンジョンのルギアも仲間にしたし、最難関ダンジョン「清らかな森」をクリアしてセレビィだって仲間にした。

なのに、ランク上げだけサボってた。

その割にプレイ時間がエグいことになってるけど、それは色々寄り道してたから。

 

娘や息子が序盤で苦戦しているのを見ると、やはり「不思議のダンジョン」はプレイヤーの経験と能力がものを言うゲームなのだなと思う。「不思議のダンジョン」は、一手間違えると終わる、詰め将棋のようなゲームなのだ。無駄な動きなどしてはいけない。無駄な動きは敵にチャンスを与える行為と心得よ。

トルネコ不思議のダンジョン(初代・SFC)」にハマった私は、ダンジョンを出るとレベルが元に戻っちゃうシステムが好きだ。あのヒリヒリ感が好きだ。キャラのレベルは元に戻ってしまうが、プレイヤーのレベルは上がっているのだ。

ポケモン不思議のダンジョンDX」はダンジョンを出てもレベルがそのままの、レベル上げができるシステムだが、クリア後のいくつかのダンジョン、例えばセレビィがいるダンジョンとかは「レベル5からスタート・アイテム持ち込み禁止」ルールだ。

せっかく育てたキャラが、(ほぼ)初期状態からのスタートなんだよ!

ヒリヒリしない?(喜)

 

私が使うキャラはパルシェンである。パルシェン一択。

かっこいいねえ~。かわいいねえ~。悪そうな顔してるねえ~。トゲトゲだねえ~。トガってるねえ~。大好きパルシェン
このコのいいところは、特性「スキルリンク」である。連続技(例えば3~5回攻撃できる技)が、いつも最大回数の5回で使える。
なので、連続技が必ず当たるスゴわざ「れんぞくひっちゅう」をあらかじめ覚えさせておく。

このコは、レベル13で必ず「とげキャノン」という連続技を覚える。それさえ覚えれば、攻撃回数5回がミスなくヒットするので、タイマンならほぼ一撃必殺である。レベル13になる前に死んだら、潔くあきらめてやり直す。レベル13になったらこっちのもん。パルシェン無双の始まりだ!!


「とげキャノン」は4マス先の敵まで届く。4マス先の敵を一撃必殺できる能力は心強い。「不思議のダンジョン」の攻略の肝は、「死なないこと」だ。できれば接近されないこと。隣接されて殴られないこと。そんな意味で、遠隔攻撃で敵を必殺できる能力を持つパルシェンの「とげキャノン」は理想的だ。マジで私、ほぼ「とげキャノン」しか使わない。
パルシェン持ってないクリア前の人は、今すぐグラードンのダンジョン行って、ランダムで倒れてるパルシェンにリンゴあげて仲間にするべきだ。

 

パルシェンといえば「からをやぶる(速さが上がる代わりに防御が下がるやつ)」が強力だが、私は一切使わない。リスクを伴う技は、一触即発の「不思議のダンジョン」では命取りだからだ。

私にはポケモンかぶれの常識は通用しねえ。
シロートだからよ!  by桜木花道

 

また、10マスまで貫通する「ハイドロポンプ」も魅力的に思えるが、あれは命中率が低すぎて使い物にならない。パワーアップ効果を持ち込める一般ダンジョンなら、技の威力や命中率をめいっぱい上げてなんとか使うことができるが、レベル5スタートのダンジョンでは技のステータスも初期値に戻ってるので、あの命中率の低さでは実戦で使用できない。通路で複数の敵と戦うときに、少し距離を置いて「当たったらラッキー」ぐらいの気持ちで仕掛けてみる分にはいい。

 

こうして、私は相棒ポケモンパルシェンと共にいくつもの難関ダンジョンをクリアし、実績全解除を果たしたのでございました。

 

「幸せの塔」っていう、仲間と3匹で突入できる・ただし全員レベル5からスタート・アイテム持ち込み不可、というダンジョンも、私はパルシェン1匹でクリアしました。
最初は馬鹿正直に3匹連れてチャレンジしてたんだけど、どうしてもPP(他のゲームで言うMP)を回復するアイテムが足りなくなるから、だったらパルシェン1匹に使わせたらいいんじゃね?という発想でやりました。
結果、PP回復アイテムをかなり余らせてクリアできました。

 

パルシェン最強。足手まといは要らん。

 

あと、やり込み要素として、「ポケモン全種類集める」「色違いを集める」とかあるみたいだけど、私は興味ない。
なにせシロートだからよ。
別にポケモンが好きではないのだ。

いきなりですが

娘から何か月か前に聞いた話。

 

小学校では、タブレット端末を使った授業が行われている。
ある日の算数の授業中、皆にタブレット端末が手渡され、先生が黒板に向かって板書しながら色々説明をしているタイミングで、事件は起こった。


大音量の
楽天カードマーーン♪」
の声が、教室中に響き渡った。

 

タブレットでこっそりYouTubeを観ようとした奴がいたらしい。そしたらいきなり楽天カードマンの広告が流れてしまったらしい。
もうクラス全員笑っちゃったらしい。笑わなかった子も全員肩をプルプルさせていたらしい。

もちろん犯人はすぐにバレて、その子は先生にこっぴどく叱られたらしい。


小学校のタブレットのことはよく知らないんだけど、YouTube観ようと思えば観られるもんなの?アクセス禁止とかないの?もしかしたら授業でYouTube使う可能性があるから制限できないとか?
謎は深まるばかりである。

 

尚、根本的な問題として、楽天カードマン及び川平慈英はそれ単体で面白いからずるい。

今でもTVで楽天カードマンのCMが流れると、その事件のことを思い出して、私は笑ってしまうのである。

理不尽な感情と付き合う・または感情自体が理不尽である

例えば、AというアーティストとBというアーティストがいて、私はAのことをとても好きだけどBをとても嫌いだとする。最早憎しみのレベルだとする。
AとBはアーティストじゃなくても、漫画でも映画でも、人間による創作物であれば何でもいい。

例えば、知人が、AもBも大好きだと言う。

私は「えーー」と思ってしまうのである。困惑するし、その事実を許したくない。


誰が何を好きでも私には関係ないし、個人の自由である。それは十分わかっている。

が、私の美意識に照らし合わせて許せないのかもしれない。
私が「優れている」と認識しているAと、「劣っている」と認識しているBとを、同列で語られたくない。もしくは、私の崇拝対象であるAを始めとしたきれいな世界に、Bみたいな穢らわしいものを入れたくないのかもしれない。
または、私はAを自分の拠り所としてるのに私が大嫌いなBも人気があるので、ある意味倒錯的な嫉妬をしているのかも。


敢えて抽象的に書いてるからわかりにくいね。ごめんね。最近そういうことがあってね。


知人がAもBも好きなのは仕方ないんですよ。知人は私とは別の個体で、別の感性や感情を持って生きてますからね。なのにどうしても気になってしまう。

こういう理不尽な感情に振り回されるのは嫌なので、言語化しようと思いました。
結果、吐き出したことでちょっとすっきりしました。


Bだって人気があるし、Bを好きな人が大勢いても不思議はありません。
但し私は、Aを好きな人にはBを好きになってほしくないという厄介な感情・主観を抱えて生きています。
気にしないのが一番なんですけどね。

まだまだ煩悩からは逃れられないみたいです。

現代人のご馳走

「ご馳走」の語源は、馬で走り回ることだそうである。
昔の人は、客人をもてなすために、馬であちこち走り回って各地から色々な美味しいものを集めてきたのだという。
現代人にとって、ご馳走といえば何だろう。お寿司?ステーキ?それとも旬の時期にしか食べられない山菜やフルーツ?

私は、現代人にとってのご馳走は、「現金」「それも千円札と100円以下の小銭」であると思う。

……と、お馴染みの方にはお馴染みの構文を炸裂させてみました。

 

決してふざけているわけではない。
前にも同じテーマで書いたことはあるが、子どもがいると、小学校の教材費だとか何だとかで細かい現金が必要になることが多い。
普段はキャッシュレスの利便性をここぞとばかりに享受しているため、財布の中に小銭があまり入っていない。千円札も慢性的に不足している。

昨年度までは小学生の子どもが1人だけだったので「煩わしいなあ」ぐらいの気持ちで済んでいた(のにネタにした)が、今年度は小学生が2人になった。
集金、2倍。
必要な小銭、(ざっくりと)2倍。
集金に備えて常に現金を9,999円ストックしてあったのだが、それでは足りない時代が来てしまったようだ。今度から2セット用意しなければいけない。

 

今月は集金の月だった。2人分の教材費を払ったと思ったら、うち1人の教材費の記載に間違いがあって、更に小銭が必要になった。
財布の中にはもう小銭がない。
アレをやるしかない……。

その名も、「スーパーで安いものを1個だけ買ってセルフレジに1万円札を入れてお釣りジャラジャラ大作戦」!
別にスーパーのセルフレジじゃなくても、コンビニ行って駄菓子を1個買って1万円札で支払っても同じです。昨今はコンビニでも現金を自分でレジに入れる方式だから、店員さんを煩わせる負い目もないし。

いずれにしても、この現代では、わざわざそんなことしないと小銭が手に入らないのです。
小銭って、ある意味1万円札より貴重品なのでは?
わざわざ走り回って用意するもの=すなわち「ご馳走」なのでは???

 

そうして無事に今度こそ2人分の教材費を支払ったと思ったら、息子の空手の月謝4,400円の請求が……。
なんだよ畜生!また千円札4枚と100円玉4枚用意すんのかよ!
お手頃価格なんだけど、めんどくさいからいっそのこと5,000円きっかりにしてほしい。4,500円でもいい。
小銭めんどくさい勢は、金額の「4」とか「9」とかいう数字が嫌いなんだよ!

 

必殺!「スーパーで安いものを1個だけ買ってセルフレジに1万円札を入れてお釣りジャラジャラ大作戦」!Season 2!!
※今日キメてきました。

 

学校の教材費も空手の月謝も、引き落としにならないものかねえ。
または、ペイペイや各種電子マネーで支払えないかねえ。
私、めんどくさいの嫌いなんだよ。
学校側としても、集めた小銭集計するの、相当めんどくさいと思うんだけどねえ。

全国に先駆けてそういうシステム導入したら、その自治体や学校はニュースになってヒーローになれるぜ。

PTAに意見してみたらいいのかな。

 

関係ないですが、今日は改行と半改行を使い分けられるようになりました。

えー

あらためまして。

本日サービス終了になった「ShortNote」というエッセイ投稿サービスから、少し前にこちらのはてなブログにやってきました。

喩えて言えば、(規模的には)小さな村でゴザひいて村民の皆さん相手に自分の作品を手売りしてたところ、村が廃村になっちゃったので、適当な大きな街に商品全部持って引っ越してきて、いい機会だから「王様ホール」という屋号のお店を開いた感じです。尚、商品のディスプレイ・整頓は10%程度しか終わっておりません。

 

なんかここ1~2日で突然、読者の方がめちゃめちゃ増えてるんだけど。

それも、前に住んでた小さな村出身ではなさそうな方が沢山。何これ。都会怖い。なんで。

とりあえずありがとうございます。本当は怖い。

 

さてはうんこか?一つ前の記事のうんこがウケたのか?

私は知っている。みんな、いい大人になっても、いや、いい大人だからこそ、うんこの話が好きなのだ。本当に嫌いな人は本当にごめんなさい。

でも誰だって、幼児期とか小中学生くらいまでは、「うんこ」って言っただけで大盛り上がりだったはずだ。

大人になると、簡単に「うんこ」とは言わなくなるし、簡単に言われた「うんこ」で軽々しく笑うのも憚られるようになる。

 

でも、みんな本当は「うんこ」で素直に笑いたいのだ。うすた京介も「誰だってうんこおしっこで笑える無邪気な時代があったじゃないか」って言ってたと思う。言ってなかったっけ。別の人だったっけ。

 

私はうんこ専門じゃないですからね。

もっと、日常で感じたことや考えたこと、子どものこと等、普通のことも書きますからね。

 

さて、私はこの都会に馴染めるのか。